Pixel 3からiPhone 11 Proに買い換えてみた感想

今まではAndroid(Pixel 3)をメインスマホとして使っていましたが、iPhone 11 Proに惹かれて思わず買ってしまってしばらく経ったので、感想・レビューなどを紹介してみようと思います。

Pixel 3からiPhone 11 Proに買い換えた理由

そもそも何でPixel 3からiPhone 11 Proに買い換えたかっていうとですね、理由は主に以下の3つでしょうか。

  1. ガジェオタだから
  2. Pixel 3のバッテリー持ちがあまりに悪いため
  3. AirPodsやApple Watchとの親和性のため

まぁ一つ目の理由は置いておくとして、一番の理由はPixel 3のバッテリー持ちの悪さなんですよねー。どうにも1日持たないことが多くて、それがストレスになって買い替えることにしました。

AndroidからiPhoneへの乗り換えは簡単

iPhone 11 Proの付属品

人生何度目かのAndroidからのiPhoneへの乗り換えを行ってみましたが、結構楽ちんでした。

今までAndroidを使っているのなら、基本的にはGoogleのクラウド上で色々管理を行っているはずです。なのでぶっちゃけiPhone上でGoogleのアカウントにログインすればほぼ終わりっていう。

モバイルSuicaの移行はちと面倒でしたが、まぁ問題なく移行できました。

あとメモに関しては、今まではEvernote → OneNote → SimpleNote → Google Keep → OneNoteみたいにしっくりくるものが無くてフラフラしているEvernote難民なのですが、iCloudのメモに乗り換えることにしました。理由はシンプルで使いやすいからですね。現在使っているOneNoteとiCloudメモの互換性があるとは思えなかったので一括移行は諦めて、メモを一つ一つ移行していく予定ですが面倒くさすぎて未着手になっています。

ケーブルはType-CからLightningに戻さなければならないですね。まぁ主にQiの無線充電をしているのでそこは変更無しで助かりました。

iPhone 11 Proの良いところ

バッテリー持ちが抜群

やはり何と言ってもiPhone 11 Proはバッテリーの持ちがいいです。日中にゲームなどをしなかった日なんかは家に帰っても90%くらい残ってて驚愕することも多々あります。

消費の激しいポケモンGOをやっててもPixel 3のように帰宅前に力尽きてしまうなんてことはなく、普通に1日持つところが本当に頼もしいです。おかげでモバイルバッテリーを持ち運ぶ必要がなくなったのもカバンが軽くなったので嬉しいポイント。

多数派であるという安定感/コスパの良さ

iPhone 11 Proと保護シートとケース

少なくとも日本においては、iPhoneのシェアはAndroidより高いそうですね。多数派であるということはメリットになり得ます。

例えばiPhone版、Android版の両方があるアプリに不具合があった時は、多数派なのでiPhone版が先に対応される可能性が高いと思います。

端末自体の不具合とか、そもそもiPhone 11 Proでは一度も遭遇していませんが、あったとしても多数派なのでネットを調べればすぐに解決するんですよね。

また、多数派であるが故にアクセサリー類も豊富です。電器屋に行けばそれこそ選べないくらいのカバーや保護シートが。極め付けにはダイソーなどの100円ショップにも110円で売られていますからね。

実際にダイソーの110円のガラスフィルムを貼って使っていますが、全く不満無いです。ちなみにこれで2枚目でして、1枚目はトイレの床に落としたらヒビが入ったので張り替えました。でも保護シートにヒビが入っただけで、本体の画面は全くの無傷でした。つまり耐久性も問題ないってことです。コスパエグいですね。

他のApple製品との親和性がいいね

Apple Watchの記事でも触れましたが、Apple製品同士の連携は本当にお見事です。iPhone 11 Proと同時にApple WatchやAirPodsを使用していると本当にそれを感じます。

Apple Watch Series 5をビジネスに活用してみた【レビュー】

iPhone 11 ProからiPadやMacとのデータの連携はAirDropで事足りますし、そもそも新しいiPadを買ったときなんかはiPhoneから設定を簡単に引き継げたりもするんですよね。なのでセットアップが非常に楽ちんでした。

いやぁ、身の回りをApple製品で揃えたくなる魔力がありますよね。

顔認証、結構いいね

Pixel 3では指紋認証があったので顔認証を使っていなかったのですが、iPhone 11 Proにするにあたって指紋認証が無くなってしまい、仕方なく顔認証に。

以前、ヒカキンさんの動画で見た記憶があるのですが、確かにマスクしたままでは顔認証での解除ができませんでした。あと寝起き直後も無理でした。

でも通常時の顔認証の精度の良さはかなりのもので、慣れすぎてiPad miniの指紋認証に違和感を覚えるくらい馴染みました。

指を決まった場所に当てなくても良いっていうのがこんなに楽だとは。

超広角カメラ、楽しいですね

iPhone 11 Proはカメラが背面に3つ付いています。この機種の売りは「超広角カメラ」。ちなみに確かナイトモードも売りだった気がするけど、Pixel 3で既にお馴染みだったため驚きはありませんでした。

超広角カメラはかなりの広範囲が撮れるので楽しいですね!風景などを撮るときはだいたい超広角で撮って遊んでいます。

↓超広角カメラで撮った東京駅です。夜なので分かりにくいかもしれませんが…

iPhone 11 Proの超広角カメラで撮った東京駅

無音でスクショが撮れるようになった

僕だけかもしれませんが、Pixel 3の細かな不満として、スクリーンショットを無音で取ることができなかった点がありまして、iPhoneはマナーモードにしておけば無音で撮れるので電車内とかでもガシガシ撮れるようになり、ストレスフリーになりました。

まぁ、スクリーンショットを撮る機会って実際そんなにないですけどね。

Felicaの反応が良くなった

細かくて済みませんが、Pixel 3と比べてFelicaの反応がかなりいい気がします。あまり端末に近づける必要が無くなったので細かなストレスが更に減りました。

iPhone 11 Proの不満なところ

価格が高い

iPhone 11 Proは最上位機種だけあって、すごくお値段が張りますね。

しかも欲しかったのがSIMフリー版だったので、なかなか値下げもないですしね。

重い

長持ちバッテリーの代償に、iPhone 11 Proはかなり重たくなっています。Pixel 3と持ち比べてみるとその差は歴然で、慣れるまでは重さが気になってしょうがなかったのですが、すぐ慣れました。

一回だけあったのが、仰向けで使っていたら手が滑って歯に当たって激痛でした。皆さんは気を付けてください。

バイブが弱すぎる

なんかiPhone 8も同様なんですが、iPhoneってバイブが弱くないですかね?

常時マナーモードにしているのですが、通知に気付けないことが多くてしんどいです。通知ランプもないですしね。

フラッシュを通知ランプにできる機能があることは知っていますが、逆に光り過ぎて鬱陶しいんですよねー。

勝手にカメラが起動する

iPhone 11 Proを握って歩いていたら、勝手にカメラが起動していてひやっとするの何とかして欲しいです。

これOFFにできないんですかねぇ。

Pixel 3からiPhone 11 Proに買い換えてみての感想

iPhone 11 Proはほぼ完成された端末って感じがしましたね。買い換えてみて大きな感動は正直なかったけど、もはやインフラというか、安心感がすごくあります。これを持ってたら別にサブ端末も要らないですね。

バッテリーへの心配からの解放は、やっぱりストレス削減効果がすごくあった気がします。荷物も減りましたし。これだけでも買って良かったと思います。

あとスマホに望むのは何でしょうね、5G回線への対応くらいでしょうか?他は特にパッと思いつかないですね。