イケスポ(豊島区池袋スポーツセンター)は混雑するけど安くておすすめ!

最近運動不足なので、重い腰を上げてイケスポ(豊島区池袋スポーツセンター)に行ってきました。

結構満足できる施設だったので皆さんに良さを伝えたいと思います。

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)の施設情報

■電話番号
 03-5974-7262
■住所
 東京都豊島区上池袋2-5-1 健康プラザとしま 9F
■営業時間
 月曜日 ~ 土曜日(祝祭日含む) … 8:30 ~ 22:00 (最終受付 21:30)
 日曜日             … 8:30 ~ 21:00 (最終受付 20:30)
■プール・トレーニングルーム使用料(2時間)
 一般   … 400円
 小中学生 … 200円
 高齢者  … 200円 (区内在住65歳以上)
 ※お得なプリペイドカード制度あり
■プログラム参加料
 1レッスン          … 200円
 1ショートプログラムレッスン … 100円
■Tシャツ・短パン・シューズのレンタル
 1点 … 300円
 2点 … 500円
 3点 … 700円

※別料金でパーソナルプログラムも受けられます(要予約)

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)について

夜の池袋スポーツセンター(イケスポ)の外観

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)は豊島区営のスポーツ施設です。実際には区の委託を受けて「株式会社ピーウォッシュ・アズビル株式会社共同事業体」という民間業者が管理・運営しています。

入場するとランニングマシンや筋トレマシンを用いたトレーニングや、温水プールを利用することができます。

イケスポは豊島区に在住、勤務していなくても、誰でも利用することが可能です。

イケスポには池袋駅から北のほうに線路に沿って行けばすぐ着くと思います。

建物に入って、まずは外の景色の見えるおしゃれなエレベータで9階の受付へ向かいます。僕は夜に行ったのですが、池袋の夜景が一望できて爽快でした。

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)への入場

まず券売機で400円を払ったらカードが出てきます。これの使い方が分からず困っていたら、スタッフさんが親切に教えてくれました。入退場時に機械に通せばいいらしいです。あと、このカードが更衣室のロッカーの施錠にも使われるとか。

イケスポの利用が初回だとスタッフに伝えれば、色々親切に教えてくれるので、ジム初心者の方も安心だと思います。

400円はすごく安いですよね。変な会員登録とかが一切ないのも面倒くさくなくて素晴らしいと思います。会員カードの類がないから、一々持ち歩く必要もないので財布がパンパンになることもないです。

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)の更衣室

受付を済ませたら、まずは同じ階にある更衣室に向かいます。トレーニングのためにウェアに着替えるのもプールのために水着に着替えるのもここで行います。

先ほどのカードをロッカーの扉の裏に差し込めば施錠ができるようになります。お金を入れる必要はありません。鍵は腕に巻いておき、なくさないようにしてください。

更衣室は結構狭いなぁと感じました。狭いのに人は多いので着替えるのにも譲り合いになってしまい、結構待たされました。特に閉館間際はかなりの混み具合になるので、閉館時間より早めに退館するのがいいと思います。

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)のトレーニングルーム

トレーニングを行うにはシューズとウェアと汗を拭く用のタオルが必要です。ウェアはわざわざ専用の物を買う必要はありません。動きやすい服装であれば問題ないです。シューズは足腰へのダメージを考えると、ちゃんとした室内運動用の物を買ったほうがいいと思います。

トレーニングルームには、更衣室で着替えてから入ってきた入口から一旦受付らへんまで戻り、階段で10階に上がります。

筋力トレーニング用のマシンが20台、ランニングマシンやエアロバイクなどの有酸素運動系のマシンが計33台完備されています。

有酸素運動系のマシンは窓のほうを向く形で設置されているため、10階からの池袋の眺望を楽しみながら運動することができます。筋力トレーニング用のマシンは結構人気が高いらしく、時間帯やマシンの種類によっては順番待ちの列ができていることがあります。

僕は入り口から入って一番左にあるエアロバイクのマシンで15分ほど運動しましたが、かなりへとへとになりました…。日頃の運動不足が効いているようですね。

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)のプール

プールに入るには、水着と水泳帽とタオルが必須アイテムです。ゴーグルもあるといいです。水着は海に着ていくような派手な水着だと周りから浮いてしまうと思います。フィットネス用の水着を選んだほうがいいですね。

9階の更衣室で水着に着替えたら、入ってきたほうとは別の道(シャワーとかがあるほう)に進んで行くとプールへのエレベータがあります。

余談ですが、初めて行ったときは道中にシャワールームがあることを知らなかったので、プールに向かおうとしたとき、夜景の展望できるガラス張りの廊下に体に何も身に着けていない男たちが数人たむろしていてびっくりした思い出があります。外からは丸見えなんじゃなかろうか?と思いましたが、ガラス窓をよく見たら胸の辺りから下はすりガラスだったので多分大丈夫なんでしょうね。

塩素の香りの漂うエレベータで11階に行くとプールがあります。まずタオルとかの置ける棚があって、その先にシャワー3台が。そこで体を洗ってからプールに入ります。

プールはちゃんと温水プールになっているので夏でも冬でも入ることができます。水温は30℃前後のようです。深さはそこまでなく、普通の深さです。

たまに休憩タイムがあります。アナウンスが流れて、5分間くらいプールに入れない時間となります。その間はスタッフが水中のゴミを取っていました。

プールにはコースが4レーンあって、その他に採暖室と子供用プールとジャグジーがある感じです。監視員の方も常時二人いるっぽくて安心できますね。ラッシュガードや浮き輪やビート板などを借りることができるようです。

僕が行ったときは既に人が多くいて、どのレーンにも常時5人~10人程度の人がいる感じでした。

レーンは以下のように区別されています。入り口側の壁にレーンごとの詳しいルールが貼ってあるので一読するといいでしょう。

  • 初心者用レーン
  • 25m専用レーン
  • 50m専用レーン
  • 歩行用レーン

泳ぐのがもはや高校時代ぶりである僕は、まず歩行用レーンで水に慣れることにしました。3週くらいして体を慣らしてから、今度は初心者用レーンにチャレンジしてみました。久しぶりでも体は憶えているもので、平泳ぎもクロールも25m無事に泳ぎ切ることができました。

調子に乗って5往復くらいしていたら、だんだん疲れてきて全身が痛くなってまったく泳げなくなってしまいました。うーん、デスクワークの仕事とはいえ、まさかここまで運動不足とは…

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)のシャワールーム

運動後にはシャワールームで体をさっぱりさせることができます。

まず9階の更衣室で服を脱ぎます。プールへのエレベータに向かうまでの道中にシャワールームがあります。シャワーは10台くらいあり、石けんやシャンプーなどは使用禁止です。シャワーの向きは固定ですが、時間で止まるタイプじゃないので使いやすいです。シャワーは混雑している時間帯では結構取り合いになります。

シャワールームには脱水機が置いてあるので水着をある程度乾かすことが可能です。

シャワールームの突き当りにはサウナがあります。ごく普通のフィンランドサウナです。僕が行ったときはたまたまサウナには人が一人もいなかったのでじっくり汗をかくことができました。

豊島区池袋スポーツセンター(イケスポ)からの退場

帰るときはまた9階の更衣室で着替え、受付まで戻ってもう一度カードを機械に通せば終わりです。

9階には休憩スペースがあります。男女で行った場合の待ち合わせはここでできます。飲み物やアイスの自動販売機も完備されています。

エレベータ前には血圧測定器が置いてあるので自由に測定することが可能です。

終わりに

イケスポは入場料が安いしスタッフさんの対応も良いしロケーションも良く、おすすめできるジムだと思いました。その代わり、いつ行っても大体混んでいる気がします。特に夜間は平日・土日問わず混んでいます。いつなら空いているのでしょうかね、今度調べてみたいです。

また、客層はマッチョな人ばかりではなく、普通な感じな人も多いので安心して気軽に行くことができます。

安いし会員登録とかがないため実際に利用するまでの敷居が低いので、ジムが初めての方はまずはイケスポに行ってみて、慣れてきてから他のジムに行ってみる、というのもありだと思います。

同じような豊島区営のプール、雑司が谷体育館の情報はこちら→レトロな穴場「豊島区立 雑司が谷体育館」のプールの良いところ