Fire HD 8からFire HD 10に移行!使い道や感想は?

Fire HD 10 買い替えレビュー

今まではAmazonのタブレット「Fire HD 8」(第8世代)を愛用していたのですが、この前のAmazonのセールで「Fire HD 10」(第9世代)が定価が15,980円のところ、10,980円になっていたので思わず買ってしまいました!買ったのは32GBのほうで、色はブルーです。

Fire HD 8からFire HD 10に移行してみたので使ってみた感想や使い道などをご紹介いたします。

Fire HD 10のセキュリティ設定

Fire HD 10の外箱

Fire HD 10を開封したら、まずは本体の設定を行います。

OSも同じFire OSなので当然設定もほとんどFire HD 8のほうと同じですね。なので以下記事を参考にして設定を行いました。

関連記事

人間なら誰でも、見られたくないファイルの一つや二つがあると思います。そこで、格安で手に入るAmazonのタブレットPCである、「Fire HD 8」をカスタムして、秘密のファイルの閲覧専用機とする方法を紹介いたします。 Fir[…]

Fire HD 8を安心して使う方法

いやぁ、設定内容を記録に残しておいて良かったです。過去の自分に感謝。ちなみに、Fire HD 10もギフトとして購入しています。

設定直後の空きストレージは、26.03GBでしたので参考までに。

本体メモリに保存していたファイル群の移行

Fire HD 8の本体に色々とファイルを保存済みだったので、それらもFire HD 10のほうに移行します。

移行の手段としていくつかの手段が考えられます。

  1. ケーブルでパソコンと接続し、パソコンを経由してファイルを移行
  2. クラウドを経由してファイルを移行
  3. microSDカードを経由してファイルを移行

まぁ、お手軽なのは②のクラウドを使用する方法ですね。例えば画像ファイルであればデフォルトでFireに入っている、「Amazon Photos」アプリを使用してクラウドにアップロードすれば良いです。

せっかくFire HD 8、Fire HD 10共にmicroSDカードが使用できるので、今回はそれを使ってファイルを移行することにしました。

まずはAmazonでmicroSDカードを購入。セール時にたまたま安くなっていたのでこれを選択しました。

microSDカードをFire HD 8に差し込むと「このストレージデバイスの使用目的」の画面に遷移するので、「外部ストレージ」ボタンを押すとmicroSDカードがフォーマットされ、ファイルを移動できるようになります。

僕のFire HD 8は第8世代なのでファイラーアプリが入っていませんでした。なのでストアから適当なファイラーアプリをダウンロードし、ファイルをmicroSDカードに移動させました。

今回買ったFire HD 10が第9世代だったからか、最初から「ファイル」アプリが入っていたのでmicroSDカードからFire HD 10へのファイルの移行は簡単でした。

Fire HD 8の初期化

ファイルを移行した後のFire HD 8をどうしようか考えましたが、同じくらいのサイズの「iPad mini 5」を買ってしまっていたのでもう用済みということで、とりあえず本体の初期化を行いました。

設定 > デバイスオプション > 工場出荷時の設定にリセット から初期化が可能です。ちなみに30%以上バッテリが残っていないとできないので注意です。

これを売るか譲るか捨てるかはあとで考えることとします。

Fire HD 10の使い道

とりあえず買ってみたものの、Fire HD 10をどう使うかはまだまだ検討の余地がありそうです。

やはりFire HD 8と同じように、コンテンツビューアにするのが良さそうですね。特に、画面が大きくなっているので動画を見るのにピッタリと言えそうです。また、パソコンの横に並べてブログ執筆やお絵描きの際の資料を表示させておく用途にも向いていそうです。

価格が安いため、壊れたらまた買えばいいやみたいなノリでキッチンや風呂などの水回りで雑に使うことができるのは大きなメリットだと感じます。

Bluetoothなどのキーボードを接続することで、執筆用の端末にもできそうですね。

ただし、お値段相応の性能なのと、あくまでもAndroidでなくFire OSという独自OSのせいでゲームのプレイには向いていないと思います。

Fire HD 8からFire HD 10に乗り換えてみての感想

乗り換えてみて一番恩恵があったと思えたのが、充電ケーブルの規格が「Micro USB」から「USB Type-C」に変わったことでした。

Fire HD 8のときは、家の中にMicro USBで充電する機器がこれ1台しかなかったので、これだけのためにケーブルを垂らしておくのが地味~なストレスだったんです。

それがFire HD 10になってからはニンテンドーSwitchなどと共用できるようになったので、部屋からケーブルを一本減らすことができたので良かったです!あと充電スピードも明らかに早くなっていました。

後はやはり性能の向上がかなり嬉しかったですね。今まではアプリの切り替えやブラウジングなどに時間がかかったりしていたのでこれもストレス軽減になりました。

外観の色もブラックからブルーに変わったのですが、結構好きな色なので気に入っています。そういえば昔、iPhone 5cの同じようなブルーのものを使っていたなぁ。

画面が大きくなったのは嬉しい反面、重さは確実に増えたし、持ちにくくなったので部屋の中での取り回しが地味に面倒になってしまいましたが、まぁ許容範囲かなぁと。上にも書きましたが、iPad mini 5と大きさが被らなくなったのは使い分ける上でのメリットとなり得ますね。

相変わらずコスパの良さは健在ですね。5,000円もの差があるため、買うのであればセール時にしましょう。

せっかく購入したので、Fire HD 10をこれから愛用していこうと思います!

関連記事

今までAmazonの格安タブレット端末である「Fire HD 8」(第8世代)や「Fire HD 10」(第9世代)を愛用してきた僕が、先日のセールで新たに「Fire HD 8 Plus」(第10世代)のストレージ32GBのやつを購入しまし[…]

Fire HD 8 Plus 買い替えレビュー