最高なワイヤレスイヤホンAirPods Proの買い替えレビュー

AirPods Pro 買い替えレビュー

今更かもしれませんが、初代のAirPodsをAirPods Proに買い替えてみたので、早速レビューしてみようと思います!

購入の際の参考になれば幸いです。

AirPodsからAirPods Proに買い替えた理由

僕は今まではProではない普通のAirPodsを使用していました。充電ケースはワイヤレス充電に対応していないやつです。確か2万円くらいで買ったと思います。

AirPodsを買い替えた理由としては、以下が挙げられます。

  • AirPodsが左耳だけ壊れてしまった
  • 有線での充電が面倒になった
  • アクティブノイズキャンセリング機能が気になった

もちろん以前からAirPods Proの存在は知っており、ネットで結構高評価を得ているので気になってはいました。

そしてつい最近、行きつけの美容師さんも激推ししてたのもあって購買欲が高まっていたところで、偶然にもAirPodsの左耳だけすぐに音が聞こえなくなるようになってしまったので早速AirPods Proを購入しました。

すぐに手元に欲しかったのでビックカメラの店舗にて購入。ポイントが付くのは利点ですが、このご時世なので不要不急の外出にはご注意ですね。

AirPods Proを使ってみた感想

しばらくAirPods Proを使ってみましたので感想を。

AirPods Proの外観について

まずは外観ですが、AirPodsは正方形の充電ケースでしたが、AirPods Proは長方形になっていますね。

そして肝心なイヤホンはインナーイヤー型からカナル型に変わっています。これは結構大きな違いです。

昔はAirPodsを着けている人に対して「耳からうどんを垂らしている」などの揶揄がありましたが、AirPods Proのほうはそのうどんの部分がだいぶ短くなっていますね。そこは結構嬉しいポイントでした。

AirPods Proの操作感について

AirPodsの場合は後頭部をタップして操作する感じでしたが、AirPods Proはうどん部分に感圧センサー(へこんでいる部分)があって、そこをつまむように押して操作する感じなんですね。タップのほうがお手軽だったけど、AirPods Proのほうの操作は誤動作がなさそうなので良さげです。

マニュアルを見た感じ、操作方法は以下のようです。

  • 感圧センサーを1回押すと再生/一時停止
  • 感圧センサーを2回押すと順方向にスキップ
  • 感圧センサーを3回押すと逆方向にスキップ
  • 感圧センサーを長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
  • 「Hey Siri」と発言してSiri起動

また、相変わらずApple製品同士はペアリングがめちゃくちゃ簡単ですね。iPhoneの近くで充電ケースのふたをあけるだけでiPhone側に接続するかどうかのインターフェースが出てきます。あとは説明に従うだけでOK。

ここら辺のお手軽さは本当に素晴らしいと思います。

AirPods Proの装着感について

インナーイヤー型のAirPodsは着けていても全く耳に負担がかからなかったので気に入っていたのですが、AirPods Proはカナル型になったので、以前使っていた別のメーカーのイヤホンの苦い思い出もあり、耳の中が痛くなるんじゃないかと少々不安でした。

実際に着けてみるとこれが全くの杞憂だったので一安心でした。流石Appleです!最初から付いていたイヤーピースがドンピシャだったので、僕の耳の形や大きさは至って普通なんですかね。

長時間着けていても不快感は全くなかったです。

そしてしっかりとハマっているため、首をブンブン振ってみても全く取れそうにない感じ。なので着けたままでもおそらくランニングとかも余裕でできそうですね。

うどん部分が短くなったため、着けたまま服を着脱しても取れにくくなっている…と良かったのですが、きつめのカーディガンを脱いだ時には両耳とも取れてしまいました。まぁ仕方ないですね。特に屋外で衣類を着脱することがあれば、AirPods Proが取れて無くすことのないよう注意です。

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリング機能について

アクティブノイズキャンセリング機能も試してみましたが、これがまたすごいですね。

ONにすると本当に周囲の雑音が一気に減ってびっくりでした。自宅で試してみたら、キーボードのタイプ音やエアコンの音がかなり軽減され、その分、再生している音源がクリアに聞こえてくるので音源により集中することが可能です。

ふとアクティブノイズキャンセリング機能をOFFにしてみたときにより実感するんですよ、「あぁ、自分の周囲はこんなにもうるさかったのか」って。

これがあればうるさい場所でも作業に集中できたりしそうです。また、隣人の雑音に困っている、壁の薄い賃貸住宅に住んでいる人にもおすすめできそうですね。

ちなみに音質についてですが、自分の拙い耳では不満に思うことは一度もなかったです。

AirPods Proのバッテリーはどのくらい持つのか?

早速どのくらいバッテリーが持つか、AirPodsを接続して音声を流しっぱなしにして実験してみました。なお、アクティブノイズキャンセリングはONで試してみました。

  • 17:09 → 100%からスタート
  • 21:18 → 残り10%のお知らせあり
  • 21:48 → 右だけバッテリー切れ、左は6%残
  • 21:59 → 完全にバッテリー切れ

つまり4時間50分持ったということですね。公式ページを見た感じ、公称が4.5時間~5時間なのでおおむね公称通りっぽいです。

充電ケースのみでの充電の公称が24時間以上とのことなので、一泊程度の旅行であれば充電器を持参しなくても大丈夫そうですね。

ちなみに、自分はワイヤレス充電器として「Anker PowerWave 10 Stand」を使用しているのですが、スタンド部分にAirPods Proのケースをそのまま置いても、コイルの位置が違うので充電されませんでした。

なのでちょっとしたもの(自分は束の状態の付箋)をAnker PowerWave 10 Standのスタンド部分に置いて、その上にAirPods Proのケースを置いたらちゃんと充電されましたので参考までに。

終わりに

AirPodsをProに買い替えてみて、心底良かったなぁと思いました。Lightningケーブルが要らなくなったし、アクティブノイズキャンセリング機能が追加されたので新体験ができました。

また、今のところ接続がブチブチ切れたりなどの不具合も一度もなく安定しており、さすがAppleだと思います。

価格は高いですが、Apple製品を普段から愛用している人であれば間違いなく買いな製品ですね。

これの購入と同時にYoutube Premiumに入会してみたのですが、これがまたAirPods Proとの相性が抜群でした。おかげで退屈だった家事が捗っています!

関連記事

流行り病により再度緊急事態宣言が発出された昨今ですが、毎日巣ごもりをするにあたり、YouTubeを見る頻度が激増したので思い切って有料会員である「YouTube Premium」に加入してみました! 満足できておすすめだと感じています[…]

YouTube Premium 加入してみたレビュー