東久留米市の天然温泉「スパジャポ」は控えめに言って最高でした

2019年3月5日にグランドオープンしたばかりの、東京都東久留米市にある関東最大級の温泉施設、「スパジアムジャポン(以下スパジャポ)」に行ってきました。控えめに言って最高な施設だったので、その理由を紹介していきたいと思います。

スパジャポの施設情報

施設情報

■電話番号
 042-473-2828
■住所
 東京都東久留米市上の原2-7-7
■営業時間
 月曜 ~ 木曜     … 9:00 ~ 翌1:00 (最終受付 翌0:20)
 金曜・祝前日(平日) … 9:00 ~ 翌2:00 (最終受付 翌1:20)
 土曜・祝前日(休日) … 8:00 ~ 翌2:00 (最終受付 翌1:20)
 日曜・祝日      … 8:00 ~ 翌1:00 (最終受付 翌0:20)
■入館料
 大人(中学生以上) … 平日 750円 / 休日 850円
 小学生       … 350円
 幼児        … 100円
 3歳以下      … 無料
 ※事前購入制度あり
■岩盤浴料(浴衣、大型タオル付き)
 大人(中学生以上) … 650円
 小学生       … 250円
■レンタルタオルセット(バスタオル+フェイスタオル)
 300円

温泉の特徴

■源泉名
 武蔵野温泉
■ph値
 7.0 ~ 8.0
■泉質
 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉

スパジャポが最高だった理由

3線3駅からバスが通っていてアクセス性が良い

スパジャポの最寄りの「東久留米団地」バス停には、以下の3駅からバスで行くことが可能です。

  • JR武蔵野線 新座駅
  • 西武池袋線 東久留米駅
  • 東武東上線 朝霞台駅

これって結構行きやすい立地であると言えますよね。

ファミリーの方はもちろん車で行く場合も多いでしょうが、敷地内に無料駐車場が400台も完備されているので、混雑しがちな土日でも安心です。

入退館が自動なので(慣れれば)スムーズ

つい最近オープンしただけあって、スパジャポには最新鋭の入退館システムが導入されています。

これは板橋区の「さやの湯処」もそうなんですが、入退館が自動精算機によって行われるため、タオルとかが必要なければ店員と接することなく入館・退館が可能です。

操作に慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、自動精算機は結構台数が多く設置されているのであまり待たずにスムーズに入館・退館ができました。

また、支払いにはクレカも使用可能なので便利です。

入館料が安い

スパジャポの大人の入館料は、平日が750円で、休日が850円です。

一方、例えば先に挙げた「さやの湯処」の入館料は平日が870円で、休日が1,100円となっています。まぁ、さやの湯処は東京23区内にあるのでもちろん立地の違いはあると思います。

ですが、スパジャポのすぐ近くに立地する新座市の「にいざ温泉」でも平日が842円、休日が950円なので、やっぱり安いと言えますね。

どこもかしこも清潔で綺麗

天然温泉 岩盤浴 スパジアムジャポン 入り口

スパジャポは、外観も館内もお風呂も露天も全てが清潔で綺麗です。まぁ、オープンしたばかりなので当然ですよね。

なので女性や小さいお子さんでも安心して行くことができると思います。

お風呂エリア内に、テレビが計3台ある

蒸気サウナ内に1台と、露天風呂に2台、テレビが設置されています。自分は結構飽きっぽい性分なので、お風呂エリアのテレビの有無は結構重要だと思っていたりします。

露天風呂の2台はそれぞれ違うチャンネルが流れているので、見たい番組に合わせて浴槽を変えるのもアリかもしれませんね。

マニアックかもしれませんが、どのテレビも新しいので解像度が高くて見やすいのも良いポイントだと感じました。

2種類ずつあるサウナと水風呂

スパジャポには塩サウナと蒸気サウナが設置されています。

塩サウナはその名の通り、部屋の真ん中に塩が置いてある湿式サウナです。おしゃれなBGMが流れています。

蒸気サウナはいわゆるフィンランドタイプの乾式サウナです。床にはふかふかのマットが敷かれているため、あぐらをかいていてもくるぶしが痛くならないのが何気に嬉しいポイント。

自分が特徴的だなーと感じたのは、水風呂が2種類ある点でした。

普通の水風呂と炭酸水風呂の2種類です。「炭酸水風呂」なんてここで初めて見ました。試しに入ってみるとかなりの強炭酸が全身を包み込みます。あまりに刺激が強いため、入りたては大事な部分が痛くなるので注意です。冷たい痛いの2重苦ですが、辛抱して入っていればそのうち慣れてきつくなくなります。

水風呂は青いライトで照らされていて、温度はそれぞれ15℃くらいと18℃くらいになっています。どちらにも澄んだ名水百選の湧き水が使われているらしいです。

スパジャポはサウナーにはたまらない施設なんじゃないでしょうか。

関東エリアでは珍しい透明な温泉

スパジャポの温泉は「武蔵野温泉」と名が付けられているそうです。泉質呼称は「ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉」とのこと。

色は無色透明で、入ると体がさっぱりして爽快感があり、気持ちよかったです。

すぐ近くにある新座市の「にいざ温泉」や和光市の「極楽湯」は真っ黒な「黒湯」なのに、スパジャポの温泉は全く違ってなんだか不思議な感じですね。

かなり豪華な岩盤浴ラウンジ

岩盤浴ラウンジのあるM5階には、岩盤浴用の浴衣を着用していないと立ち入ることができません。スパジャポの浴衣はおしゃれで今時な感じですね。岩盤浴料は大人が650円、小学生が250円、幼児・3歳以下は無料となります。ちなみに、岩盤浴を利用する場合は、ホームページから事前購入をするとレンタルタオルセットが実質無料になるのでお得ですよ。

岩盤浴ラウンジには3万冊のコミック・120冊の雑誌が用意されており、ラウンジでも岩盤浴中でも自由に読むことが可能です。こんなに多くの種類の漫画・雑誌が置いてある温浴施設なんて、他にあるのでしょうか。仮に、お風呂や岩盤浴に入らずにこれだけのためにスパジャポに来たとしても十分元を取れるんじゃないかと思います。要は漫画喫茶代わりに使う感覚ですね。

岩盤浴ラウンジ自体もすごく広くて、ビーズクッションやTV付きリクライニングチェアやテーブルやハンモックなど、ありとあらゆるくつろぎ方ができます。カフェも併設されています。

USBとコンセント付きの机もあるし、スマホ充電用のロッカーもあるので充電を気にせずに一日中過ごせそうです。館内全域でフリーWi-Fiが利用可能ということもあり、ノートPCを持ち込んでブログを書いたりなどの作業をするのもありかもしれませんね。

6種類から選べる岩盤浴

スパジャポは、岩盤浴の種類もかなり豪華です。

  • COLORED FOREST
  • RED HOT ROOM
  • FOREST TERRACE
  • FOREST BATH
  • HANG LOOSE ROOM
  • COLD HOUSE

実際に全部試してみましたが、それぞれ温度が違ったり雰囲気が違ったり石の種類が違ったりビーズクッションが置かれていたりで様々な汗のかき方ができて面白かったです。

こんなに岩盤浴の種類が選べる温浴施設も珍しいのではないでしょうか。

終わりに

天然温泉 岩盤浴 スパジアムジャポン スパジャポ

スパジャポには平日の夜と休日の昼に行きましたが、平日のほうが少しマシだったとは言え、どちらもすごく混んでいました。かなり人気な施設になっていますね。もし自分が近くに住んでたら絶対高頻度で通ってしまうだろうなーと思います。

客層は休日はファミリーだらけになっていて、平日の夜は若者が結構多い気がしました。