一日中居られる!ゆとりの郷「にいざ温泉」の感想と施設情報

埼玉県新座市にある、にいざ温泉に行ってきましたので良さを書いていきたいと思います。

にいざ温泉の施設情報

施設情報

■電話番号
 048-479-4126
■住所
 埼玉県新座市本多 2-1-5(新座市民総合体育館並び)
■営業時間
 平日 … 9:30 ~ 24:00 (最終受付 23:30)
 休日 … 8:30 ~ 24:00 (最終受付 23:30)
■入館料
 大人 … 平日 842円 / 休日 950円
 子供 … 平日 432円 / 休日 540円
 ※会員価格制度あり
 ※入浴回数券制度あり
■館内着
 162円
■タオルセット
 162円
■ヒーリングラウンジ
 309円

温泉の特徴

■源泉名
 にいざ温泉
■ph値
 8.0
■泉質
 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
■知覚的試験
 暗褐色・透明・無味・無臭

にいざ温泉のアクセス

にいざ温泉には車で行くのが一番だと思います。駅からはかなり離れているので歩いていくのは無謀かと。道中が結構車通りが多いので危険ですしね。バスで行こうにも、最寄のバス停がそこそこ離れた場所にあるので何かと不便。

にいざ温泉の外観は風呂っぽくなく、なんか工場みたいな感じです。周辺には広大な畑や交通量の多い関越自動車道、そして総合運動公園や新座市民総合体育館があります。

入場

入り口から館内に入るとまずアイスの自動販売機があります。靴のロッカーはコインがいらないタイプです。

入場料は後払いです。バーコードのついたリストバンドで館内の支払いをしておいて、帰り際にまとめて清算します。館内着やタオルは別料金がかかるので自前のタオルを持参するのがよいかと。

お風呂は地下1階の突き当りにあります。

脱衣所

脱衣所は結構綺麗で広めの印象。でもロッカー間の間隔が狭いので混雑時は通行が大変そうな気がします。ここのロッカーもコインが要らないタイプです。ロッカーは大き目で快適でした。

洗面台にはドライヤー、殺菌済みの櫛、スキンローション、ヘアトニック、綿棒、ティッシュペーパーなど一通りのアメニティが揃っています。

浴場

にいざ温泉は浴場が結構独特な印象があります。まず、地下なので露天はないです。天井の一部は窓になっているっぽいですが閉まっているので、ガラスから光が差し込むくらいの露天要素しかないです。なので浴室は圧迫感がある感じはあります。

しかしそんな開放感のなさを補うくらいの天然温泉の良さがあります。メインとなる「ゆとり湯」という大きくて広い浴槽はゆったりと温泉を楽しめます。周囲が室内にもかかわらず岩場っぽくなっていて、浴槽の淵も広めに作られているので腰かけてのんびりすることもできます。

にいざ温泉は茶褐色の黒湯となっています。世界中を見てもかなり珍しい泉質なんだとか。かなりヌルヌルします。香りはあまりないです。効能は保温保湿効果があるそうですね。温度は41℃くらいになっています。

他にも「絹湯」という名前の真っ白な湯船もあります。こちらはぬるめの温度設定。超音波が体にいいとのことです。

奥にはジャグジーバスの「圧注湯」と「寝湯」があります。体のマッサージになっていいですね。余談ですが、僕が寝湯に入ろうとしたときに泉質のせいか湯船の床がヌルヌルしており、滑ってスネを思いっきり血が出るくらい擦りむいて半べそになりながら帰った記憶があります。ちゃんと手すりがついているのでしっかり捕まるなどして、皆さんも十分気を付けて入浴してください。

洗い場も広くて多めに設けられています。ほんとに普通の洗い場です。シャワーが止まるのが異様に早い気がして使いにくかったけどこれは外れを引いちゃっただけかな?

サウナはごく普通のサウナです。テレビがあるのが個人的に高ポイント。土日の夜ともなると満員になったりします。そうなったときに奥の方に座るとテレビが見れないのが残念。サウナを出るとちゃんと水風呂もあります。

館内施設

館内はかなり広大さを感じます。お風呂がある地下には、ゲームコーナーがあります。QMAとか麻雀格闘倶楽部とか将棋のやつとかクレーンとかスロットとかが置いてあり、ちょっとしたゲームセンターみたいです。

また、ダーツのマシンが2台、レトロゲームも4台置いてあったりして色んな楽しみ方が可能です。テレビもありますし。冷凍食品や酒の缶も自販機に売ってたりも。ペットボトルのチェリオが100円だったりして安いなーと思いました。これらはバーコード払いじゃなくて現金払いなのがちょっと残念な点ですが。

お休み処は何か所かに分かれています。どれもだだっ広いです。リクライニングチェアもいっぱい設置されています。毛布を借りてうたた寝するのもありですね。

で、一番でかいのは漫画がすんごい充実してるってことです。本当に色んな種類の漫画が揃っていて、飽きないと思います。多分漫画目的で来たとしても元を取れちゃいそうなくらい。

地下の飲食店はいつの間にか閉店してたのがちょっと残念。

飲み食いは1階の「武蔵野庵」でできます。五目御飯とシーザーサラダを食べてみましたが普通に美味しかった。時間帯によってはじゃんけん大会とかのイベントが行われるみたいです。

1階の受付横にもお土産(?)とかちょっとしたゲームコーナーとかガチャガチャとかのスペースがあります。

にいざ温泉 闇ガチャ

↑受付横のスペースにある謎の「闇ガチャ」

感想

土日のスーパー銭湯ってやたら混んでいるところが多いのですが、にいざ温泉は館内の広さの割に人が少な目で、快適に過ごせました。穴場ですね。客層はファミリー層が多めな気がしました。

漫画とかゲームコーナーのおかげで、総合レジャー施設感覚で一日中居られるような素晴らしい温浴施設だと思います。露天がないのを差し引いても温泉自体の質も高いので、そういったことを加味すると入場料950円ってのは安めなのかも。

交通の便がもっと良ければもっとリピートしちゃうかも、それくらい満足な温泉でした。皆さんも是非行ってみてください。