新橋の「オアシスサウナ アスティル」は土日祝は混雑してないですよ

日曜日のハッピーアワーの時間帯に、港区新橋の「オアシスサウナ アスティル」に行ってきましたので施設情報や感想を書いておきたいと思います。

オアシスサウナ アスティルの施設情報

■電話番号
 0120-484-537
■住所
 〒105-0004 東京都港区新橋3-12-3アスティル新橋ビル 3・4階
■営業時間
 正午12:00 ~ 翌AM10:00(最終受付時間 AM9:00)
■料金(館内着、タオル付)
 スピードコース(60分) … 1,628円
 リフレッシュ2時間コース(2時間) … 2,178円
 レギュラーコース(5時間) … 3,278円
 延長料金(60分ごと) … +638円
 フリータイムコース … 平日 5,038円、土日祝 4,378円
 モーニングコース … 2,178円
※毎週月曜日はレギュラーコースが2,178円
※17:00 ~ 21:00はレギュラーコースが1,950円
■デラックスシート使用料
 平日 1,298円、土日祝 649円

オアシスサウナ アスティルへのアクセス

アスティルは新橋駅から徒歩1分の神立地にあります。住所は港区なので家賃とか高そうですが大丈夫なんでしょうかね。

ちなみにアスティルは男性専用のサウナなので注意です。

受付はビルの3階にあり、エレベータで向かいます。

オアシスサウナ アスティルの入場からの流れ

アスティルの館内に入ったら、まずは下足ロッカーに靴を入れて鍵をかけます。

靴の鍵をフロントに渡してコースを選ぶと支払いになります。Suica等電子マネーもちゃんと使えますよ。館内着はガウンのタイプと上下別れているタイプの2種類から選べます。お金を支払ったらロッカーの鍵を手渡されます。

フロントから進むとすぐにロッカールームがあるので、受け取った鍵に対応した番号のロッカーを開けると、中にバスタオル1枚と館内着が入っているので、ここで着替えて先に進みます。

ロッカールームはかなり広く、ロッカーの数も沢山ありますね。ゆったりと着替えることができました。

オアシスサウナ アスティルの浴室

お風呂エリアは4階にあります。3階かららせん階段を上がって行きます。

脱衣所で館内着を脱いで鍵付きロッカーに入れて浴室へ。入り口付近にハンドタオルが山積みになっており、セルフで使用可能です。

アスティルは浴室自体はそんなに広くはないですね。形は円に近い多角形みたいな感じでしょうか。中央には普通のお風呂があり、あとはイオン重曹風呂、水風呂、ドライサウナ、テルマリウムがあります。

洗い場は沢山あるので混雑時も大丈夫そうですね。アメニティ類はだいぶ充実しており、歯ブラシとカミソリとあかすりタオルは使い放題です。

ドライサウナについて

アスティルのドライサウナはすごく人気ですね。常に人が多くいる気がします。

上段、下段の2段構成になっていて、真ん中にサウナストーンが積まれています。入り口にサウナマットが置かれており、自由に使うことが可能です。

温度は82℃くらいで、若干低めな設定でしょうかね。

テレビは無く、オルゴールの音楽が流れているだけなので静かにサ活を楽しむことができます。

ドライサウナに入っていると、急に真っ暗になってびっくりしました。そしたらサウナストーンの上の天井が開店してカラフルな光を出して水が落ちてくるんですよ。その後体感温度が結構上がりました。

後に知りましたが、どうやら自動ロウリュ装置によるウォータセレモニーなるものが15分に一回あるらしく、それを体験できたってことみたいですね。

テルマリウムについて

こっちは湿度の高い、スチームサウナですね。この手のサウナにしては空間はなかなか広めで、スチームの量も多くて視界が悪いです。

テレビも音楽も無く無音…かと思いきやスチームを発生させる音(?)がボコボコ騒がしいです。

アスティルのテルマリウムは背もたれがかなり深めに作られており、楽な姿勢を取れるところが好きです。

水風呂、休憩スペースについて

水風呂は14℃くらいでしょうかね。同時に5人くらいは入れそうな広さです。

壁に沿って水が常に流れているのがなんかおしゃれですね。

アスティルには外気浴のスペースはないですが、外周に沿って椅子や寝ころべる椅子がいくつか用意されており、そこで休憩が可能です。

休憩スペースのうち2つはフットバスが付いており、足だけ温められるのが面白いですね。あんまり使っている人は見なかったですけども。

オアシスサウナ アスティルの館内

アスティルの館内には無料の休憩スペースと有料の休憩スペースが用意されています。有料の方の料金は何故か平日より土日祝のほうが安い設定になっているんですよね。普通の温浴施設は休日割増料金みたいな感じで休日のほうが高く付くイメージがあります。ということはつまり、アスティルは平日のほうが来客が多いってことなんでしょうか。確かに新橋はビジネスパーソンの街っていうイメージがありますもんね。

お風呂上りに4階のらせん階段周辺のベンチで休んでいたのですが、急に全裸の男が脱衣所から出てきて、何食わぬ顔で自販機で飲み物を買っていてびっくりしましたが、まぁアスティルは男性専用ですし問題無いんでしょうね。

3階のレストランでは美味しい物を食べながらテレビを見てまったりすることができます。もちろんリストバンドによる清算となっています。

僕は「東京名物油そば」を注文してみました。858円です。美味しかった!

オアシスサウナ アスティルの東京名物油そば

終わりに

今回はアスティルに日曜日のハッピーアワーの時間帯に行ってみましたが、想定していたよりは混雑しておらず、自分の思い通りのサ活をすることができました。普通のスパ施設は土日祝はめちゃくちゃ混むんですよね。なので土日祝のサ活にアスティルを選ぶのは結構良いのかもしれません。

前に平日夜20:00くらいに行ったときは激混みだったのを覚えています。ドライサウナ内の密度が半端なかったです。やはりみんな仕事帰りにサ活したいですよね、分かります、僕もですから。

アスティルのサウナ内で聞こえてくる会話は、経営者っぽかったりとかハイソな感じがしたりとかでさすが港区!って思いました。あと会話内容からしてサウナガチ勢っぽいおじさん達も多い気がします。

個人的には、脱衣所のロッカーの鍵が存在感あって邪魔なのと、行きと帰りの両方で清算があるってのと、ガウンじゃないほうの館内着の上がすごく脱ぎにくかったっていう3点がちょっとうーんでしたが、サ活は快適ですごく楽しめたし、油そばも美味しかったので大満足でした!