高級感&立地良しな巣鴨の天然温泉「東京染井温泉 Sakura」

「東京染井温泉 Sakura」に行ってきたので、感想や施設情報を書いておこうと思います。

東京染井温泉 Sakuraの施設情報

施設情報

■電話番号
 03-5907-5566
■住所
 〒170-0003 東京都豊島区駒込5-4-24
■営業時間
 10:00 ~ 23:00 (22:30 受付終了)
■入館料
 大人 … 1,296円
 子供 … 756円
 ※回数券制度あり
 ※各種割引制度あり
■フェイスタオル
 108円
■バスタオル
 216円
■館内着
 324円
■バスタイムカバー
 324円

温泉の特徴

■源泉名
 東京染井温泉
■泉質
 含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性-弱アルカリ性-高温泉)

東京染井温泉 Sakuraのアクセス

東京染井温泉 Sakuraは、JR山手線の巣鴨駅から徒歩8分という素晴らしい立地にあります。

巣鴨といえばご年配が多いイメージがありますよね。実際に行ってみたところ、駅の中で揉め事が起きていて警察が三人も出動してたし、酔っ払いはやたら多かったし、巣鴨こええ!っていう感想でした。

東京染井温泉 Sakuraの入り口は、道路から敷地内に入り、細い道を奥の方へ進んだところにあります。なんか高級料亭みたいな外観で、最初は「ほんとに入っていいの?」みたいに躊躇してしまい、後からきたお客さんに紛れてこそこそと入場しました。

店内について

店内は和風かつ高級感ある雰囲気。まずロッカーに靴を預けてから受付でリストバンドを受け取ります。支払いは退場時にすることになります。Suica等の電子マネーが使えます。入館料は1,296円。タオルのレンタルは108円です。

店内は撮影が禁止となっています。

二階にはリラクゼーションルームがあります。男女別になっているので女性の方も安心して休めますね。テレビ付きの高級感あるチェアが設置されています。漫画や新聞が置いてあるのがなかなかよいポイント。鋼の錬金術師、風の大地、バガボンド、ツルモク独身寮、進撃の巨人、ワンピース、はじめの一歩などの色んな漫画がそろっています

他にも二階には談話室とかテーブルとか椅子があるからパソコン作業ができそうです。というか実際にしている方がいらっしゃいました。

お風呂について

お風呂は一階にあります。

まず脱衣所ですが、ロッカーは受付で受け取ったリストバンドで鍵をかける仕組みになっています。ロッカーはどこを選んでもよいのですが、ロッカー番号を覚えておかなければならないので注意です。洗面台のアメニティとかは結構充実しています。替えの下着とかの自販機も置いてあります。

お風呂への入り口前にナイロンタオルが置いてあり、自由に使うことができます。

洗い場は椅子と桶が木でできてるのが新鮮に感じました。洗い場の数も多く、すごくキレイです。シャワーの水圧が強いのがちょっと嬉しいポイント。立って使うシャワーのスペースにもソープ類が設置されているので立ったまま体を洗うことが可能です。

内風呂には寝転び湯と天然温泉とスタジアムサウナと水風呂があります。

寝転び湯は腰の位置が低くなってて寝やすいなぁと感じました。首元の金属部分が冷えてて気持ちいいです。

天然温泉は屋内の方は温度がぬるめで、37.2度くらいなのでずーっと入っていられます。浴槽は木でできていてこだわりを感じます。塩気のある温泉で、匂いは若干ある感じ、色は濁りのない若干飴色でした。保温効果・保湿効果に優れているそうな。

サウナにはテレビがあるので退屈せずに済みます。平日夜に行ったときはサウナが大盛況でした。水風呂は浴槽が深く作られているのでしっかり浸かれます。

露天のほうはシルキーバスと天然温泉の浴槽があります。

天然温泉は屋内のほうと違って温度が熱めに設定されており、岩に囲まれています。露天と言っても開放感はあまりなく、空しか見えない構造になっています。まぁ立地が立地なので仕方がないのでしょうね。風はちゃんと入ってくるので心地はよいです。

ウェブページを見る感じ、女性のほうにはミストサウナがあるそうでうらやましい限り。

終わりに

店内は和風で清潔感と高級感があってコンセプトがしっかりしているなぁと感じました。平日夜は意外と混んでいなかったのでゆっくりできそうです。

巣鴨という立地にも関わらず、年配の方ももちろんいらっしゃいましたが、おしゃれヘアーの若者も結構多い気がしました。あと外国人の方もやたら多かった気が。なんか東池袋のタイムズ スパ・レスタに客層が似てる気がします。ただスパ・レスタより入場料が安い上に天然温泉があるのでいいですね!