鬼怒川温泉への旅行なら「あさやホテル」が快適でおすすめ!

この前、栃木県日光市の鬼怒川温泉に一人旅をしてきたのですが、Yahoo!トラベルで日光・鬼怒川エリアの売れ筋ランキング1位になっている「あさやホテル」に一泊してみて、かなり満足できる素晴らしいホテルだったので紹介していこうと思います。

あさやホテルまでのアクセス

栃木県日光市 鬼怒川温泉駅

あさやホテルの最寄駅は東武鬼怒川線の「鬼怒川温泉駅」です。自分は春日部駅まで普通の電車で行き、そこから特急で鬼怒川温泉駅まで向かいました。

駅からは、せっかくなので鬼怒川の観光がてら、ホテルまで鬼怒川沿いをのんびり歩いて向かうことに。もちろん歩いてホテルまで向かわずとも、有料ですが鬼怒川温泉駅からあさやホテルまでダイヤルバスが運行しているので安心です。あさやホテルからは鬼怒川温泉行き、東武ワールドスクウェア行き、日光江戸村方面行きの3つがあるそうです。

栃木県日光市 鬼怒川

鬼怒川は、山に囲まれた盆地の地形なので自然に溢れていますね。

駅にはまぁまぁ人がいましたが、あさやホテル周辺にはあまり人もいないし、近くにコンビニすらないのですね。駅からそこそこ離れているからでしょうか。

あさやホテルについて

栃木県日光市 鬼怒川温泉 あさやホテル

一人で泊まるにあたって、別にシングルの部屋でも良かったのですが、Yahoo!トラベルでシングルの部屋のプランを探してみたのですが見つからず、ツインの部屋を予約させていただきました。平日だったので、価格は一泊朝夕付きで18,360円でした。結構なお値段ですが、いい経験になるかなーと思って奮発して泊まってみることに。

上にも書きましたが、駅からあさやホテルまでは歩いて行ったのですが、フロントで受付をするときにちょっと驚かれました。チェックインしたら女性のスタッフが部屋まで付いてきてくれて、館内と部屋の案内をしてくれました。初めての体験だったのでびっくり。こっちはお一人様なのに申し訳ない限りです。

栃木県日光市 鬼怒川温泉 あさやホテル 吹き抜け

ホテル内はすごくきれいで豪華な感じだなぁと思いました。廊下にパイプオルガンの曲が流れてて荘厳な雰囲気。真ん中が吹き抜けになっていておしゃれですね。

平日に泊まりましたが、売れ筋ランキング1位なだけあって宿泊者が結構多かったです。

館内にはお土産屋、カラオケ、キッズルーム、ゲームコーナー、卓球、ビリヤード、バー、サロン、岩盤浴、ボディケア、クイックマッサージなどがあり、施設がとにかく充実している印象です。温泉は大浴場の他に、貸し切りの風呂もあります。

一階にアイスとビールと飲み物の自販機があります。各温泉エリアの前には無料のお茶とか水のサーバが用意されているのがいいですね。

あさやホテルのお部屋について

栃木県日光市 鬼怒川温泉 あさやホテル 部屋

お部屋はすごく広くてきれいでした。トイレと備え付けの風呂もきれいで、まさかの温泉が出るらしいです。

無料のWi-Fiももちろん使用可能です。スマホの充電をしたくてコンセントを探したのですが見つからなくて焦りましたが、机の左端にあったのですね。電話が上に乗ってて気づきませんでした。

ツインのベッドもふかふかで大きいし、枕もいっぱい置いてあってすんごい贅沢!

空気清浄機が稼働しているのも初めての経験でした。

あさやホテルの3か所から選べる温泉

あさやホテルの館内には貸し切り以外に3か所に温泉が用意されており、どこでも入ることができます。

  • 秀峰館 13階 空中庭園露天風呂「昇龍の湯」
  • 秀峰館 1階大浴場 「麻の湯」「紅葉の湯」
  • 八番館 地下1階大浴場 「滝の湯」

泉質はどこも同じのようです。アルカリ性単純温泉の8.9phでした。無色透明の無臭ですね。

3か所とも脱衣所のアメニティ類がとにかく充実しているなぁと感じました。あと脱衣所の清潔感がすごい。

せっかくなので3か所全部に入浴してみました。

空中庭園露天風呂「昇龍の湯」

空中庭園露天風呂の「昇龍の湯」は屋上にあるので絶景が楽しめます。自分は夕食前の明るい時間に入ったのですが、高原山と鬼怒川を一望できて良かったです。鬼怒川温泉の別のホテルの廃ビルが見えてなんだか寂しい気持ちになりました。暗くなってから入るとまた違った景色が見えるのでしょうね。

内湯の湯船が1つと露天の湯船が3つあり、寄りかかりながら、座りながら、立ったままなど様々な姿勢で露天風呂を楽しむことが可能です。

お風呂自体もすごくきれいで清掃が行き届いていると感じました。

平日の夕食前の時間帯は人もあまりおらず、ほぼ貸し切り状態でした。最高。

昇龍の湯には洗い場が4つしかなく、シャンプーやリンスは置いていないので洗髪をする際は別の大浴場を利用する必要があります。あと、ここだけは24時までしか入れないので注意です。

「麻の湯」「紅葉の湯」

「麻の湯」「紅葉の湯」には巨大な温泉の湯船とジェットバス、それと水風呂とサウナがあります。

深夜0時過ぎに行ったのでジェットバスは止まっていました。残念。5:00~24:00の間で稼働しているようです。

サウナの営業は5:00~23:00と書いてあったのですが、何故か0時過ぎでもやっていました。サウナもすごく清潔できれい。テレビはなくて残念ですが、水風呂とサウナを3往復くらいしたら頭がスッキリ。都会のサウナはどこも人が多くてうんざりするのですが、ここの平日の深夜のサウナは人が全くいなくて落ち着けました。

また、様々な高級シャンプーが置かれているシャンプーバーと称されたコーナーがあり、自由に色々試せます。

「滝の湯」

「滝の湯」は地下にあるのですが、湯船の横が露天っぽくなっており、一部外の景色が見えるような作りになっています。夜に行ったので真っ暗で風景はほぼ何も見えませんでしたが、風が入ってきて心地いいです。あと川が流れる音もして風情があったりします。

女湯のみナノミストサウナがあるらしいです。羨ましい。

また、こちらにもシャンプーバーがありました。

あさやホテルの食事について

夕食はレストランでブッフェ形式になっています。アルコールは別料金です。

席まで案内してもらえたり、わざわざシェフが一席一席回って「どうですか?」みたいに声かけてくれたりで、おもてなしがすごいと感じました。

レストラン自体の雰囲気も豪華な感じでした。客層はやっぱりカップルやファミリーが多かったですね。お一人様は自分以外に2人くらいしか見ませんでした。

お料理も種類が多くどれも美味しかったです!ハーゲンダッツも食べ放題でした。

あさやホテル 和牛カレー

売りにしてる和牛カレー、美味しかったなぁ。

朝食も同じレストランでブッフェ形式でしたが、席への案内はなく、好きな席を選べる様子。

夕食同様にお料理も色々選べて最高でした!

あさやホテルに泊まった感想

あさやホテルに泊まってみて、ホテルって結構宿泊料ごとにランクがあるんだなぁと実感しました。今までは朝夕付きで1万円前後とかの安いホテルに泊まっていましたが、あさやホテルではそれらとは違う、グレードの高いサービスを受けることができました。

やっぱり、安いホテルとはおもてなしも建物も部屋も料理も温泉も全然違いますね。もっと高い宿泊料のホテルはもっとすごいのでしょうか、気になります。

館内には施設が多いので、ホテル内で一日中過ごせそうです。

あさやホテルの宿泊者はカップルやファミリーばかりで、やっぱりご飯のときとかでは一人だと疎外感を感じました。あと結構外国人も多かった気がします。

鬼怒川は都内からとても行きやすい立地なのでフラっと行けてしまうところがいいと思います。自然に溢れているのでのんびりできました。

↑帰りは日光東照宮に寄って帰りました。