神サウナ!かるまる池袋に宿泊してみたら体が蘇ったのでおすすめ!

2019/12/03にオープンしたばかりの関東最大のサウナ施設である、「かるまる池袋」に宿泊してみたのですが、体がすごく癒されてリフレッシュできたのでおすすめできる施設であると思ったのでこの記事内で詳しく紹介しています。

忙しい毎日に疲れているあなたに是非。

宿泊の予約

確実に泊まれるよう、事前に予約してから宿泊することに。

自分はYahoo!トラベルで予約しました。レイトチェックインの朝食付きで、部屋はシャワートイレなしの「コンパクトシングル」をチョイス。7,980円でした。

そもそも自分は東京のホテルに泊まる必要はなかったのですが、その日は飲み会があって家に帰るのが億劫だったので泊まってみました。

あ、ちなみにかるまる池袋は男性専用の施設なので間違って予約してしまわないよう注意です。

コンパクトシングルルームに宿泊

まずは、エレベータで6Fに上がるとかるまる池袋の受付があります。エレベータから受付までの道中には、オープンしたばかりなのでお祝いの花がたくさん置かれていました。

ロッカーに靴を入れ、その鍵をかざしてゲートを通ります。宿泊の場合は受付でチェックインとなります。

その後、受付前に館内着が置かれているのでサイズを選択して持っていきます。

温浴プラン用の更衣室の先にあるエレベータで部屋のある階へ。

部屋のある階は、共用の喫煙所、洗面所、トイレがあり、カプセルが所狭しと並んでいてなんだかワクワクする雰囲気。

館内は全体的にそうですが、黒に近い紺色と木の色の2色を基調としており、ゴージャスな雰囲気がありますね。そしてオープンしたてなのでどこも綺麗でピカピカ。

共用部には豊富なアメニティが置かれています。整髪料や制汗剤や化粧品は一通り揃っています。他にも歯ブラシや櫛やブラシやカミソリもちゃんとあるので、手ぶらで来ても大丈夫そうです。

コンパクトシングルルームはその名の通り本当にコンパクト。部屋はほぼベッドで占められています。ですが、ベッド、テレビ、貴重品ボックス、冷蔵庫という最低限なものは設置されているので困ることはないと思います。なのでコンパクトシングルプランは結構おすすめかも。

別に期待はしていませんでしたが、部屋からの眺めは良くはなかったです。

で、ホテルタイプの部屋に設置されているベッドがこれまた良いものでして、テンピュール社の「Zero-G Lifestyle」ってやつなんですよね。これは何かっていうと、専用のリモコンが置いてあって、それを操作すると色んな機能が使えちゃうっていう優れものです。色々いじってみましたが、自動リクライニング機能やマッサージっぽい機能もあるようです。あと「ZERO-G」って書いてあるボタンを押すと頭と膝辺りの部分が盛り上がる形になり、楽な体勢で眠ることが可能となっています!

試しに一晩「ZERO-G」モードで寝てみましたが、確かにいつもよりだいぶ寝付きも寝起きも良かった気がします。買うとかなり高そうだけど、思わず家に欲しくなりました!

いざ、サウナへGO

お部屋で館内着に着替え、ゆっくりした後はいよいよサウナへ。

かるまる池袋には4種類のサウナ、4種類の水風呂、5種類のお風呂があるそうな。こんなに種類が揃っている温浴施設、他にあるのでしょうかね。

自分が行ったときには蒸サウナと薪サウナはやってませんでした、残念。

それ以外は一通り試してみたので感想を。

岩サウナ

広くて明るくてテレビのあるサウナ。窓が付いているので日差しが差し込みます。

サウナ用のタオルが使い放題なのはありがたいですね。

天井が低いので上段に行く際は注意です(実際やらかしました)。

ケロサウナ

こちらは狭くて暗くていい匂いがしてテレビの無い本格的なサウナです。見た感じ岩サウナよりこちらのほうが人気だったかも。

こちらもサウナ用のタオルが使い放題となっています。

ケロサウナでは中央にサウナ石が積み上げられており、自分でセルフロウリュが楽しめます

自分はやり方がわからなかったのでロウリュをやらなかったのですが、なるほど、アロマ水をサウナ石に静かにかけて、その後タオルをぶんぶん回すものなのですね。確かにそうすると体感温度がグンと上がるのを感じられました。次に行ったときはセルフロウリュ、やってみようと思います。

サンダートルネード

シングル(10℃以下)で深めに作られている水風呂。

ジェット水流で常に撹拌されているんですが、そもそもその水流が強すぎて、流されてしまいジッとしていられないという。当然、「羽衣」をまとうことはできません。

入ってみるとマジで冷たすぎてむしろ痛い!特に大事な部分が痛い!

これにずーっと入っていられる人は相当な熟練者ですね。自分はごく短時間しか無理でした。

これに入ってからの外気浴は整い具合が違いますね。

やすらぎ

こちらは25℃くらいの温かめの水風呂です。

サンダートルネードとは違って浅めに作られていますね。こちらはかなり長めにゆったり入っていられて結構好きでした。

昇天

33℃くらいのジェットバスです。これは水風呂と言えるのか?ってくらいの温かさ。

要はよくある水流でマッサージするタイプのお風呂ですよね。

アクリルアヴァント

一人用の14℃くらいのおしゃれな水風呂です。

「アヴァント」は氷った湖に開けた穴の意味だそう。その名の通りアクリル製で、結構深い構造になっています。つまり透明なので、外側からは中の様子が丸見えです。

水風呂はこれくらいの温度がちょうどいい感じがします。水風呂の中でこれだけは露天エリアにあるので開放感があっていいですね。

一人用なので混んでるかなぁと思いきや意外と利用者は少ないみたいですね。

炭酸泉

みんな大好き炭酸泉。どこの温浴施設でも人気ですね。

温度はぬるめなので〆に良さそうだと思います。健康増進効果も高そう。

電気風呂

炭酸泉の浴槽に併設されているので、合わせてより健康増進効果がありそうですね。

2か所あって刺激の強弱を選べます。

強いほうを試してみましたが、刺激が強すぎて自分はダメでした。

岩風呂

階段を上ったところにある、36℃くらいの不感の湯です。

体温と同じくらいなので本当にずーっと入っていられるお風呂ですね。湯船もすごく広めな作り。

横、後ろ、天井の3方から外の光が入ってくるのですごく開放感があってリラックス効果は抜群です。

横にテレビが設置されているものの、結露のせいでだいぶ見づらくなっているのは残念でした。

後ろにちょっとした庭が作られていますね。そこの窓が開いていたので外気が吹いてきて大変心地いい思いができました。

マス風呂

「青森ヒバ」で作られた木製の一人用お風呂です。3つ設置されています。温度は42℃くらいで若干熱め。

自分の家の湯船より広いのでびっくりしました。贅沢ですね。

入ると木のいい香りがしてきます。

これに漬かりながらでもテレビが見られますよ。

露天ジャグジー

40℃くらいのジャグジー風呂です。

池袋の空と風を感じながら体を癒すことができます。

こういうお風呂はだいたい集団客に占拠されがちですね。

朝食はビュッフェ形式

朝食は8階のレストランでいただけます。

自分が行ったときは既にお客さんが5名くらい食事していました。

ビュッフェ形式になっており、朝食の定番は結構揃っていました。1人1本限定ですがヤクルトもありますよ。

どれも美味しくて満足できました。コーヒーが飲みたかったけど無かったような気がします。見逃しただけかな?

7階の休憩処もすごい

7階の休憩処には、テレビ付きのリクライナースペースやくつろぎポッドやコワーキングスペースや1万冊以上の漫画や雑誌があります。

くつろぎポッドっていうのが少し変わってて、カプセルタイプの休憩スペースになっており、その中で落ち着いて横になりながらテレビや漫画を楽しめちゃうんです。

コワーキングスペースも結構席数が多かったので、作業目的でかるまる池袋に来るのもアリかもしれませんね。

自分が土曜日の朝に休憩処に行ったときは、いびきをかいて爆睡しているおじさんがいっぱいいましたね。せっかくなので、リクライナースペースで横になりながらワンピースの漫画を読ませていただきました。

かるまる池袋に宿泊してみての感想

かるまる池袋に泊まってみて、目の疲れや胃もたれがだいぶ軽減されて体が蘇りました。多分温冷交互浴で血行が良くなったからだとか、普段より早寝早起きしたからだとか、寝具が良かったからだとか、色んな要因があったからでしょうね。なのでかるまる池袋に宿泊するのは毎日に疲れている人におすすめかもしれません。

オープンしたてなだけあって、全体的に綺麗で過ごしやすいと感じました。それに加えてスタッフさんの巡回も多くて、綺麗にする努力を感じます。

タオルも使い放題だし、ナイロンタオルや歯ブラシやカミソリや各種ソープ類などのアメニティも充実しているし、所々に給水ポイントもあるのでかなり快適に過ごせますよ。あとダイソンのドライヤーがすんごくおしゃれ。

サウナ推しかと思いきや、ちゃんとお風呂も充実していて素晴らしいと感じました。

オープン間もない日の金曜日の22:30くらいに一度目のサウナに行きましたが、サウナ前の脱衣所やサウナエリアにはまだまだ結構な人がいました。サウナなども8割方埋まっている感じでしたが、満員ってほどまでではなかったので思い通りに行動できたので満足でした。休憩用のスペースはかなりたくさん用意されているので混雑時も安心です。

土曜日の7:30くらいからもう一度サウナに行きましたが、朝でも夜の半分くらいは人がいましたね。すごく人気な施設だと思います。朝だと、炭酸泉のところの外気浴スペースでちょうど朝日を浴びながら外気浴ができました。前にも書きましたが、階段を上った先の露天階の開放感も結構なものなので、朝にかるまる池袋に行くのは結構おすすめかもしれません。