【ゼノンザード】黄単デンサイ軸でLEGENDランクに乗りました

頑張った末にやっとこ、ゼノンザードのランクマッチ(ランクマ)のLEGENDクラスに乗ることができたので使っていたデッキレシピの紹介などをしていこうと思います。

使っていたデッキ:黄単デンサイ軸

LEGENDランク昇格時に使用していたデッキレシピ

使っていたデッキはこんな感じです。

カナタナの神官 ×3
「煌精」サンライト ×2
ポリン ×3
荒野の旅人 ×3
エンジェルバニー ×3
「導きの天女」アンジェラ ×3
チータイラ ×3
「雷鳴の竜巫女」セリカ ×2
リワインドウインド ×3
「双星に謳う者」ティルト&ウェルト ×2
「聖の鼠騎士」ホリィ ×2
モノアイドラゴン ×1
「身も心も縛る者」デンサイ ×3
ツーヘッドグリフォン ×2
「雷鳴公」デンサイ ×3
九神龍「闘」アラバスター ×1
九神龍「天」リジェネレイト ×1

フォースはフェニックスとスフィンクスを採用。

デッキのコンセプト

デッキのコンセプトは「場のコントロールをしながらデンサイで殴る」です。

新弾「PACKCODE:02 CONTRACT」が発売されてからというものの、環境はドラゴン族を中心としたものになりつつあります。各属性に強力なパワーを持ったLEGENDのドラゴンが追加されましたが、早速それらのうちのどれかを軸に据えたデッキを構築してみようと思いました。

今回軸に選んだのは「「雷鳴公」デンサイ」ですが、選んだ理由は単純に、たまたま自力で2枚引くことができたからでした。最近は全くゼノンザードに課金をしていなかったので、当然使用できるカードプールには限りがあります。自分の場合はカードプール全体を見渡してみた時にも、一番カードが揃っているのがカナタナでした。まぁアオバはナーフ直後に3枚とも砕いてしまいましたのでもうありませんが。

フォース選択の理由

飛来ミニオンと、強力なフラッシュを得意とする黄色を主軸にする時点で、フェニックスの採用はほぼ確実でした。

フォースの残りの一つはペガサス→ミノタウロス→スフィンクスと試してみて、最終的にはスフィンクスに落ち着きました。

理由としては主に二つです。一つ目は全体的に強力な効果を相手のミニオンに及ぼすミニオンが環境に増えていること、二つ目は手札切れで負けることが増えたことです。

特にティルト&ウェルトを採用していると、相手の「雷竜ライトニングフォール」で破壊されて萎えることが非常に多いです。その場合のディスアドバンテージは半端じゃないですよね。それをスフィンクスであれば無効化することができるため、安心して場に出すことが可能です。他にもこちらの場にコスト6以上がいなければ、「「炎魔」バルドロード」の効果を無効にした上に相手のフォースだけ削れますからね。

黄色に限らないとは思いますが、ドローソースは重要です。手札の数は選択肢の数であり、無くなったら何もできないですからね。スフィンクスで採用できる「「聖の鼠騎士」ホリィ」は場にいるだけでドロー数が1増えるという、なかなか破格のドロー性能を持っていると思います。そしてスフィンクスとの相性も抜群で、除去もされにくいです。コントロール系デッキとの相性がすごく良いですね。

カード選択の理由

まずはコンセプトなので、デンサイは3枚採用することは確定です。足りない1枚はスピリットから生成しました。

デンサイと相性といいのが、「「雷鳴の竜巫女」セリカ」です。このカードを出すだけでデンサイを山札から確実にサーチできるという優れもの。なので2枚採用しています。無属性のコスト9以上のドラゴン族もサーチ対象なので、「九神龍「闘」アラバスター」と「九神龍「天」リジェネレイト」を1枚ずつ採用し、サーチの選択肢を増やしています。ちなみに場にティルト&ウェルトがいる場合は2枚サーチができるというぶっ壊れ具合。

デンサイの召喚時効果は相手の場のミニオン一体を、デッキの一番上に戻すというもの。つまり場のミニオンを戻す効果に加え、相手の次のドローを固定させる効果も同時に持っています。これにティルト&ウェルトを合わせたときがえげつなく、相手の場のミニオンを2体戻した上に相手のドローを2ターンに渡って固定することが可能なんです。効果で戻した順番も重要で、最初に選んだほうは次のターンに引くことはできません。なのでより嫌なミニオンのほうを先に選ぶのがコツ。このコンボが決まってしまうとほぼ勝ちは確定となります。

黄色は召喚時効果を持つものが多く、ティルト&ウェルトとのコンボはデンサイ以外でも可能です。例えば「「身も心も縛る者」デンサイ」を自分のターンに出せば、相手のターンの終わりまで相手のミニオン2体を何もできなくすることができたり、ツーヘッドグリフォンで相手のミニオン2体を手札に戻すことが可能となっています。

また、後退時にコスト6以上の黄色のミニオンをアクティブにする効果を持つ、「エンジェルバニー」とデンサイとの相性もこれまた抜群で、うまく決まれば1ターンに6点ものダメージを与えることもできるエグいコンボも可能になっています。このデッキであればザイレンやツーヘッドグリフォンにも適用可能です。序盤の攻防から終盤にまで幅広く利用可能なのでエンジェルバニーは3枚フル採用です。

初弾からいる「「導きの天女」アンジェラ」はやっぱり強力なカードですね。ドローソースにもなりますし、飛来ミニオンとの相性も抜群です。ザイレン、チータイラ、リワインドウインドもコントロール系デッキにはもはや必須カードなのでそれぞれ3枚採用です。

ピン刺しの「モノアイドラゴン」は「「三頭の騎士」アリシュナシオン」がキツすぎて入れてみましたが、結局1枚採用では肝心なときに引けなかったので悩みどころです。うまくいけばティルト&ウェルトと合わせて破壊時効果持ちを2体同時に除去できるんですけどね。破壊時効果を持つミニオンは紫色以外ではほとんど見ないので腐りがちなんですよね。

戦い方

最初の手札はポリンや荒野の旅人があればラッキー、コントロール系のカードを多めに残したいところです。あとティルト&ウェルトやホリィは残しておきたいところ。大型ミニオン達は全部サーチ可能なのでマリガン時に戻してしまったほうが安定します。

基本的には、場にホリィ、ティルト&ウェルト、アンジェラは常に置いておきたいところです。そうなると結構場が狭くなってしまうので難しいけど、うまく回していきたいところ。うまく場を支配できていても、紫相手の場合は「パンデミック」に注意したいところですね。

白相手の場合はAIは結構ホリィやティルト&ウェルトをマジックで除去しようとしてくるので、その場合は相手の限られたマジックの回数や手札が減ってラッキーと考えて、相手のフォースを壊さずに手札を枯らす方向にシフトしたりして柔軟に戦うとうまくいきますね。体感的に白相手の勝率はかなり高いです。

相手がアグロ寄りだと、こちらは効果重視の低BPのミニオンが多いので毎回苦戦して勝率が低いです。うまくアンジェラと飛来を絡めて落としていくとかリファインドウインドがたくさん引ければ耐えきれて後半に逆転できるんですけどね、引き次第です。

自分と同じ黄色相手だと先にデンサイを出してフェニックスを壊せたほうが勝ちみたいなゲームになりがちです。戻しても毎回出てくるので、隙をついてうまくリジェネレイトでブロックして破壊できれば有利に展開できます。相手がスフィンクス型でなくミノタウロス型であればティルト&ウェルトとデンサイのコンボで圧倒できます。

「PACKCODE:02 CONTRACT」時代のランクマッチのMASTER帯、LEGEND帯の環境について

LEGENDクラスになるまでに、MASTER帯とLEGEND帯のプレイヤーとランクマッチで沢山マッチングしてみて、使われているデッキには結構流行り廃りがあると感じました。

自分が戦っていた時代は「ブラック・フレイム」を軸とした黄色がわんさかいました。ブラック・フレイムを強化札や加護で強化して、ウォークライでワンターンキルを狙うというデッキですね。正直ザイレンのカモなのでプレイヤー側はほぼ負けることは無かったのですが、何故かAIがほぼ確実に負けてしまうのが辛かったです。ここらへんはAIの成長の余地がありそうですね。このゲームはAIとのバトルなので、AIの思考の穴を付くのも立派な戦略なのかもしれませんね。

ブラック・フレイムと同じくらい見たのが「「運命の図柄を描く者」ラケシス」でした。CONTRACT時代のラケシスは、青色でドローしまくりながらフラッシュで相手をうまくコントロールし、ラケシスからのハウリングボイスでフィニッシュする形と、種族「ビースト」を並べてラケシスからの「「五幻獣」麒麟」でフィニッシュする形をよく見ましたね。

属性の色は初弾の時代は白と黄色しか見ませんでしたが、現在は結構様々な色を見るようになったのでなかなか対戦バランスのよいゲームになったと感じています。とはいえ黄色と紫が多めで白と青と無色がそこそこ、緑と赤は少な目な印象ではありました。

このデッキで戦っていて辛かったカードは以下です。

  • ドラゴン・プリースト
  • 「双の鼠騎士」ツイン
  • 「鉄腕の大君」グレイグ・スマッシャー
  • 「三頭の騎士」アリシュナシオン
  • 「運命の図柄を描く者」ラケシス

ドラゴン・プリーストは結構壊れでは?と感じてしまいます。たった3コストでデンサイ+エンジェルバニーのコンボも防ぎきられてしまいますし、リアニメートとの相性もいいですしね。ドラゴン・トークンの性能もなんであんなに高いのでしょうか?

ツインやグレイグ・スマッシャーはコストの割に純粋にBPが高いのが強いですね。

アリシュナシオンはDP3っていうところもエグいし、破壊しても面倒だし、後退すればティルト&ウェルトがやられるしで天敵でした。うまく手札に戻すかザイレンで縛るかを毎ターン続けなければいけないので手札切れで負けることもしばしば。パンデミックやジヌティーヌや交換の壺でS・アリシュナシオン・トークンを能動的に出せるのもずるい!

ラケシスはもうただただしんどいです。召喚時効果なので防ぐ手段がないのがキツい。ハウリングボイスや麒麟など、ライフを削る手段が増えてしまったので、ラケシスを発動させるとほぼ負けなのが辛いところです。唯一の対処法は相手のフォースを全部破壊してしまうことなのですが、このデッキではなかなか難しかったです。破壊に失敗してライフ1とかで残ってしまったりすると逆効果ですからね。あぁ、だからフォースを破壊しやすいツインハヤテが流行っていたのか。

終わりに

ランク44くらいであまりに負け続けるので一度諦めかけたりもしましたが、数日かかってやっとLEGENDクラスになれました。ここからは好きなデッキを使ってのんびりとゼノンザードを楽しんでいきたいと思います。ゼノンザードはやっぱり対人ゲームなので勝てなくてイライラすることは多かったですが、AI相手なので人間を憎むことがなかったのがこのゲームの素晴らしいところだと思いました。

ランクマッチのマッチングは時間かかることがなくすぐに始まるので、ゼノンザードのプレイヤー人口の厚さを感じました。とはいえMASTERクラス時代でもLEGENDクラスと当たることが結構多かったですが。でもそのおかげで有名なYoutuberの方ともマッチングできたので嬉しかったです。あとは、できれば霜降り明星の粗品さんとも対戦してみたいなぁ。

コードマンはずっと「レイチ・ワンダーコール」を使っていました。ワンダ君の専用曲がすごく好きなんですよ。ずっと聞いていても飽きません。言動が柔らかいところも好きですね。でも黄色を使っていたので、ワンダ君の言動がだんだん過激になってくるのが嫌でしたが。ピモタを使っていた時期もありましたが、プレイヤーが長考しているときの言動がかなり腹立つので替えました。

過去に書いた、MASTERランクに乗れたときの記事はこちらです→【ゼノンザード】緑単リヤーボ軸でMASTERランクに乗りました