テレワーク(在宅勤務)のメリット・デメリット・快適に働く方法は?

流行り病が蔓延している昨今、皆さんお元気していますでしょうか。

自分の会社は会議や懇親会の中止、そしてテレワーク(在宅勤務)が推進されてきています。自分も実際に2年以上在宅勤務をやってきました。

そこで、これを機にテレワークのメリット・デメリットや、快適に・効率よく進めていけるような方法を考えていきたいと思います。

テレワーク(在宅勤務)のメリット

まずはテレワークのメリットから考えていこうと思います。

移動が不要

在宅勤務はとにかく通勤時間が0なのが素晴らしいですね。おかげで満員電車に体力や気力を奪われることがなく、時間も使わなくてすみます。

会社から見た場合にも、社員に支払う交通費が減るのでコストカットになるのではないでしょうか。

移動が不要

在宅勤務はとにかく通勤時間が0なのが素晴らしいですね。おかげで満員電車に体力や気力を奪われることがなく、時間も使わなくてすみます。

会社から見た場合にも、社員に支払う交通費が減るのでコストカットになるのではないでしょうか。

しかも移動が無いということは、つまり天気の悪さの影響を受けることも無いということでもありますよね。雨の日、雪の日や台風の日などにもパフォーマンスが左右されずに仕事ができるというのも大きなメリットです。

身だしなみに気を使わなくてよい

これも重要なメリットだと思っていて、普段スーツの仕事だとしても、好きな格好で仕事をすることができるのは素晴らしい点だと思います。

マスクやコンタクトレンズや整髪料などを消費しなくてすむのも助かります。

女性であれば化粧がいらなくなるという点はだいぶ大きいメリットなんじゃないでしょうか?

好きな環境で仕事ができる

普段働いている職場の環境は、必ずしも自分に合っているとは限らないですよね。室温や湿度を個人の一存で決めることはなかなか難しいと思いますし、もしかしたら周囲にうるさい人や臭い人なんかがいるかもしれません。

在宅勤務であれば自分の好きな環境で仕事をすることが可能です。何を食べても何を飲んでも自由です。会社で許されているのであれば、カフェや図書館などに行って気分を変えながら仕事をすることもできるかもしれません。

テレワーク(在宅勤務)のデメリット

次にテレワークのデメリットを挙げていきます。

仕事に集中できない場合がある

メリットとして「好きな環境で仕事できる」を挙げましたが、自宅では集中できないという人もいるかもしれません。

例えば自宅に机と椅子が無かったりだとか、壁が薄くて隣の雑音が丸聞こえだとか、小さい子供やペットに仕事を邪魔されたりとかもあり得ます。

または、ついついテレビや漫画の誘惑に負けてしまう人もいるかもしれませんよね。

そういった人は逆に会社に行ったほうが仕事が捗る場合がありそうです。

逆に仕事に集中しすぎてしまう場合がある

逆に、仕事に集中しすぎて心身が消耗してしまう可能性もありそうです。

会社であれば昼休みのチャイムがあったり、周囲の人と雑談をしたりで適度に休憩する機会があるかもしれませんが、自宅で一人で仕事をしていると、仕事に夢中になりすぎて気づいたら数時間経っていた…なんてこともあるかもしれません。

自宅であっても適宜休憩を取るようにしましょう。昼休みに敢えて外に出て散歩をしてみたり、ニンテンドースイッチの「リングフィットアドベンチャー」などの在宅でできる軽い運動をするのもありだと思います。

関連記事

何かと話題になっている「リングフィットアドベンチャー」というゲームを購入してやってみたので、感想を書いてみたいと思います! リングフィットアドベンチャーの概要 リングフィットアドベンチャーは任天堂から販売されている、Nint[…]

リングフィットアドベンチャー やってみたレビュー

コミュニケーションコストがかかる

実際に在宅勤務をしてみて分かりましたが、やっぱり物理的な距離がある場合は、なかなかコミュニケーションが難しい場合があると感じています。

直接会話したら5分で済むような事柄であっても、メールやチャットでは何往復も要して、下手したら30分とか掛かってしまうなんてこと、あったりしませんか?

また、リモート会議にはZoomやSkype、Teamsなどが使われることが多いと思いますが、自宅からテレビ会議をするのはまだまだ抵抗がある人も多いでしょうし、音声のみの会議が多いと思います。そうなると、相手の表情などが見えないため、相手の意図が正確に伝わらないことも多いでしょう。

コミュニケーションが取りにくい分、会社側の視点からすると、社員がサボっていないか不安になることもありそうですね。こまめに連絡を取り合うことが重要だと思います。

テレワーク(在宅勤務)で快適に働くために必要なもの

実際にテレワークをやってみて、必要だと感じたものを挙げてみます。

  • ノートパソコン
  • インターネット環境
  • 椅子
  • サブディスプレイ
  • ヘッドセット

まぁ、テレワークにパソコンが必要なのは当たり前なのですが、社内LANに接続するため、インターネット環境も必須となりますね。今時の家庭だともしかしたら固定回線を引いていないところもあるかもしれません。その場合は会社側から無線LANルータを貸与するなどの対応が必要になってきます。携帯回線のテザリングでは速度や残りギガ的に少々不安が残ります。

自分の家には今は訳あって机と椅子が無く、ソファに座って太ももの上にノートパソコンを乗せて作業をしていたのですが、それだとパソコンを見下す格好になってしまうため、首が凝りすぎて頭痛が出てしまいました。なので、Amazonで高評価だった机と椅子のセットを注文して使っています。

他にも、サブディスプレイがあれば作業領域が広がって効率アップにつながりますし、音声会議用にヘッドセットがあるといいですね。

テレワーク(在宅勤務)で快適に働くためのアイディア

テレワークに必要なものを揃えた上で、更により快適にテレワークで働くためのアイディアを以下に紹介いたします。

  • 休憩時に運動をする
  • 休憩時にサウナに行く
  • 休憩時に昼寝をする
  • 自宅以外で仕事をする
  • より広い家に引っ越す

テレワーク中は、通勤も不要な上、自宅でパソコンの前で黙々と作業することになり、体を動かすことが大幅に減ってしまっているでしょう。そうなると身体の血の巡りも悪くなって仕事のパフォーマンスも落ちる上に病気の原因にもなりがちです。

そのため、休憩時間には意識して体を動かすようにするのが良いでしょう。近所を散歩するのも良いですし、ちょっとした筋トレなんかも良いですね。汗をかいたらすぐにシャワーを浴びることも可能ですし。

近所にサウナがあるのであれば、まとまった休憩時間に行ってみるのも良いかもしれません。体も心もさっぱりしてリフレッシュできますし、「温冷交代浴」で俗に言う「ととのった」状態になれば頭もスッキリして仕事のパフォーマンスも向上することでしょう。

また、ベッドで睡眠を取ることができるというのも自宅ならではのメリットですよね。30分程度の昼寝は仕事のパフォーマンスを上げるという効果があるそうです。ただ、長時間の睡眠を取ってしまうと逆効果なので注意してくださいね。

あとは、夫婦とも共働きかつテレワークの場合は、お互いのWeb会議の声がうるさくてストレスになってしまうケースもあるそうです。その場合は、もし会社で許されている場合はカフェやテレワークスペースなどで仕事をするのも良いですね。気分転換にもなります。もしくは思い切って広い家に引っ越してしまうのもアリかもしれません。

終わりに

流行り病のせいで、一時期は近くの店からマスクやペーパー類が無くなる事態となっていました。なるべく外出を控えるように通達が出ており、好きなサウナに行けなくて歯がゆい毎日です。早く収束してほしいものですね。

これを機にテレワークがだいぶ広まったと感じます。自分の周りでは音声会議で音が出ないだのマイクが入らないだののトラブルが多く発生しており、時間が余計に取られてしまうケースが多くなっています。日頃から慣れていきたいものですね。