24時間営業のフィットネスジムの感想とメリット・デメリット

いい加減運動不足を感じてきたので、人生3度目のフィットネスジムの入会をしてきました。

今回は某24時間営業のジムをチョイスしましたので、24時間営業のジムのメリット・デメリットを自分なりに整理していきたいと思います。

24時間営業のジムのメリット

24時間いつでも行くことができる

なんと言ってもこれが一番のメリットですよね。

普通のフィットネスジムであれば大抵は23時くらいには閉店となってしまいます。更には土曜日、日曜日や祝日は更に早く閉まることが多いです。また、多くは週1日の休館日が設けられております。

一方、24時間営業のジムであれば残業まみれで毎日帰宅が0時を回ってしまうような方や、夜勤明けの方でも問題なく利用することが可能です。何気に年末年始も営業してるってのも大きいですね。

深夜にふらっと気軽にジムに行けるってのは素晴らしいことです。

月額が安い

これも大事なメリットですよね。フィットネスジム代は毎月必ずかかってしまう固定費ですので、長く続けているとその費用の差は馬鹿にならないものになります。

人件費があまりかからないのでその分安くできるのでしょう。他には、スペースを取る浴槽、プール、スタジオなどをなくして省スペース化して、場所代を安くしてるってのもあるのかもしれません。

他人の目があまり気にならない

24時間営業のジムは、深夜帯はトレーナーやスタッフが不在になるという仕組みになっていることが多いです。

前のジムでは、マシンを使っているとトレーナーがたまに話しかけてきて正直ちょっと嫌でした。自分のようなコミュ障には無人ジムは助かります。

また、時間帯を選べば他の利用者も少ないので、他人の目を気にせずに運動に集中できます

マシン待ちがない

これも上と同じく、他の利用者が少ないことに起因するメリットなのですが、時間帯を選べば、待ち時間なくマシンを利用することが可能です。これにより時間短縮やストレス軽減につながります。

僕の今までに利用してきた24時間営業でない一般的なジムはどこも混んでいました。そのためなかなか使いたいマシンが使えずにもどかしい思いをすることが多かったです。

24時間営業のジムのデメリット

何かあったときがちょっとだけ不安

スタッフのいない時間帯に何かトラブルがあったら…と考えるとちょっと不安ではあります。

まぁ入会の際にスタッフが今までトラブルはないって言ってたので大丈夫だとは思いますが。防犯カメラや非常ボタンもあるし大丈夫なのでしょう。多分。入退室はちゃんとカードキーで管理されていますので不審者は入ってくることができませんしね。

サービスは最低限

・シャワールームにシャンプー、リンス、ボディソープなどの備え付けはなし
・スタジオプログラムなし
・イベントなし
・プール、浴槽、サウナなし

などなど、できることは限られます。「いろいろ楽しみたい!」「癒されたい!」という方であれば普通のジムに入会するほうがいいかと思います。

純粋にフィットネスのみを目的としているのであれば24時間営業のジムであっても問題ありません。

早速行ってみた感想

カードキーでドアを開けると、中には4~5人くらいしかお客がいませんでした。22時頃だったのでスタッフは不在の時間帯。

設備は本当に最低限、って感じですね。一通りのマシンは揃ってるので不都合はないですが。最近できたジムなのでマシンが新しい感じなのは嬉しいです!

フィットネスジムが、というか運動自体がだいぶ久々だったので、ランニングマシンで15分走っただけでへろへろになってしまいました…

その後は、一通りの筋トレマシンを少しずつ試して、シャワーを浴びて終わり。

人が少なかったおかげで、待ち時間なしでやりたいことができました。

翌日から全身の筋肉痛と、足首の痛みが…。足首の痛みが数日たってもなかなか治らないのでシューズを見直そうと思います。

あと、次回はしっかりイヤホンとシャンプーとボディソープを忘れずに持っていこうと思います。