【FF14】漆黒のヴィランズを振り返った感想まとめ【ネタバレ】

FF14 漆黒新規が 漆黒を振り返る

コロナ禍で漆黒のヴィランズからFF14を始めた新規なのですが、
始めてから1年が経ち、パッチ5.5で漆黒のストーリーが無事完結したということで、
漆黒のヴィランズ(SHADOWBRINGERS)を改めて振り返ってみたいと思います。

バリバリにネタバレが含まれますので注意です。

メインストーリー

方々でも言われている通り、漆黒のメインストーリーはすごく良かったです。

特にやはり5.0のアシエン・エメトセルクと5.3のアシエン・エリディブスが印象深かったなぁと。自分は結構涙もろいほうみたいで、何度も泣きながらプレイしていたのを覚えています。

あとはテスリーンの罪食い化のシーンはしばらくトラウマになってました。漆黒での初めてのIDの「殺戮郷村 ホルミンスター」でボスとして戦うことになったときは、「貪欲」の曲の良さもあってグッときました。フェイスで行って良かったなぁと思えた瞬間でもありましたね。

何気にロールクエストも好きでした。やっぱりこちらでも何度も泣かされてしまいましたね。レンダ・レイを操作するところとかは最高に熱かったです。闇の戦士一行、好きになりました。

第一世界の人たちは基本的に良い人ばかりなので安心してストーリーを進められました。第一世界のマップ的にも、一番最初にレイクランドに降り立った時の雰囲気にゾクゾクしたり、イル・メグの湖の綺麗さにしばらく「水面に浮く」エモートでぼーっとしたり、突然のアーモロートに衝撃を受けたりでだいぶ楽しむことができました。

原初世界に戻ってからは、グ・ラハ・ティアとエスティニアンが暁の血盟入りはしたものの、またゼノス&アサヒ&(ルナ)蛮神か…と正直新鮮味の無い展開が続いているので6.0でどう展開していくかがめちゃくちゃ楽しみです。

アライアンスレイド

ニーアシリーズは全くプレイしたことは無かったのですが、アライアンスレイド自体がこだわって作られているなぁと感じて、プレイしていて楽しかったです。

マップの雰囲気が良いですよね。ずっと白い世界にイクラ攻撃ばかりなので正直に言うと飽きはしましたが、ファンには堪らなかったのではないでしょうか。

また、もらえる装備は最高でしたね。街中を見回してみるとニーア装備を着けている人が結構いて、人気の高さが伺えます。BGMも良いものが多かったなぁと。

ただ、ストーリーはウィークリーまで終わらせても消化不良でポカーンとなっていましたが、「情報記録端末」で調査記録を読んだら少し補完された気がします。

ドワーフサイドはだいぶ切ないストーリーでしたね。2Bや9Sの描写ももっとあれば良かったんだけどなぁ。

希望の園エデン(零式)

FC崩壊の引き金の一つとなったのがこの零式でした。結果的に零式に行く人たち/行かない人たちでFC内が分断されてしまいましたね…

共鳴編と再生編をやりましたが、難易度が高いのでプレイしてるだけで面白くて何度も夜更かししてしまってリアルに影響が出てました

FCメンバーや野良の方たちとのコミュニケーションの一環にもなったし、結果的にフレができてCWLSにも入れたから良い思い出となっています。

希望の園エデンのストーリー的には、ガイアとリーンは結構好きでした。FF8がベースになっているということで、もっとFF8のボスキャラが出てくるのかと思いきや結局ボスが蛮神の使い回しだったのはちょっとがっかりしてしまったものの、蛮神戦のアレンジBGMが全部好きな曲調だったのでテンションは維持できていました。

BGMといえばFF8の「Blue Fields」はとっても懐かしかったです。「Force Your Way」はかなりテンション上がりましたが原曲のほうがパキっとしていてクールで好きですね。できれば「The Man with the Machine Gun」も欲しかった…!

ウェルリト戦役

ストーリー、熱くてすごく好きでした。ガイウスの苦悩もなんか共感できてしまったし、「がーんばれおじさん」も良い敵キャラでしたね。

ウェポン戦はどれもBGMが良かったなぁと。もともとアルテマウェポン戦の「究極幻想」は神曲だと思っていましたが、それのTHE PRIMALSアレンジ版もやっぱり最高でした。あとダイヤウェポン戦の「孤児たちの戦い」がこれまた前向きで決意を感じる曲になっていてグッとくる展開でした。最高ですわ。

極難易度は、エメラルドウェポンとダイヤウェポンを周回しましたが、慣れればどちらもほどよい難易度で、周回すること自体が楽しかったです。

南方ボズヤ戦線(セイブ・ザ・クイーン)

なんだかんだでやりまくっています(現在進行形)。薬でどのジョブでも硬くなれるおかげでソロでもプレイしやすくて良かったです。回復もできて蘇生もできて移動技もあってフレアスターも撃てるのが楽しすぎて赤魔導士ばかり使ってました。

まぁやってることは主には結局名前の変えたFATEで、妖怪ウォッチコラボで死ぬほどFATEをやらされた後だったのでしんどかったですが、一騎打ちなどの要素もあったのでそれは面白かったです。何度も挑戦しましたがまだ一度も勝てていませんがね…勲章を揃えて再チャレンジしようと思ってます。

ストーリーも良かったですが、ミーシィヤを介錯するところは辛かったです…敵キャラも含めてキャラクターは魅力的なのが多かったですね。

あと、後に緩和されることになるものの、RWを作るために「グンヒルド・ディルーブラム」を15回も周回しなければいけなかったのはとにかく苦痛でした…その割に、最初のリコレクションの段階のほうが見た目が好みなものが多くてモヤモヤ。

「カストルム・ラクスリトレ攻城戦」と「旗艦ダル・リアータ攻略戦」もめっちゃ周回しましたが、城のほうは捕虜救出の要素やライアン戦とかもあって周回していて楽しいのはこちらのほうでした。船のほうはラスボス戦のBGMがめちゃくちゃ好みなので、それを聴くために周回している部分が大きかったりします。あとは戦果のためってのもありますけども。

ボズヤは金策としてもかなり使わせてもらいました。割と最初のほうにドーンブレイドが出て、20Mギルくらいで売れたのがめちゃくちゃでかかったし、マウントや補材やシャードを売りまくったので最終的にはLサイズのハウスが買えるくらいにはお金が貯まりました。まぁお金があっても土地が空いていないんですけどね。

グンヒルド・ディルーブラム零式は行きたかったんですけど48人集めるっていうハードルがあまりにも高すぎる…ヘイストは10にはしましたが、15も体験してみたかったなぁと。ケルベロスマウントも欲しかったけど仕方ないですね。

エアバイクマウント(イクリール)は取りましたが、最後に残ったのが南方側のダボグ、ユンブ、サルトヴォワールの3つだったので数日間苦労してようやく取れました。自分の中で初めての二人乗りマウントだったので嬉しかったです。

ハウジング

詳しくは書きませんが、FC崩壊の二つ目の引き金となったのがこれだったので苦い思い出でもあります。

頑張ったおかげでMサイズのハウスを買えたのは嬉しかったです。整備待ちはほんと辛かった…徹夜で頑張ったのも今じゃいい思い出です。

ハウジングを凝りだすといくらでも時間を使いますね。家具は安いものが多くて、家具を買うお金のほうはそんなにかかりませんでした。

ハウスを買うための金策は、上に挙げたボズヤ金策の他には、ルーレット、宝の地図の採集、コーヒークッキーなどで毎日コツコツ貯めました。

45日は意外とあっという間だから今では撤去が怖いなぁと感じてます。もうMサイズは買う機会なんてなかなか無いでしょうからね。

FCのハウスも含めると4国全てに家を持ったことがありますが、結局、どこも良し悪しがあったなぁと。住めば都とよく言われるように、不人気とされる土地でもなかなか住んでみると良かったりもしますね。

ミストはやはり海のほうにカメラを向けたときの絶景が良いですね。リムサ・ロミンサが栄えているので利便性も抜群です。ただ、人気過ぎてなかなか空いてない…

ラベンダーベッドは緑や川が綺麗でメンタルに良さそうな気がします。一番雰囲気は好きだけど、実際に住んでみると明らかに雨が多いのが気になってしまったり。

ゴブレットビュートは不人気とされているけど、住んでみると明るくて落ち着いており結構いいかなぁと。現実で住むならこういうところだなぁと考えたりも。

シロガネは結局庭や内装が和風縛りになってしまうのがどうしても気になってしまいます。ただ、温泉好きとしては裏庭とかにプライベートな温泉があるってのはロマンがありすぎて羨ましい限りです。

イシュガルド復興

こういう黙々とした職人作業も、たまにはいいなぁと思いました。結果的にランキングに入れたのは良い思い出です。1等のカジュアルジャケットチェストとか素材売りとかで金策にもなりました。

今は人がだいぶ減ったけど、あのころの蒼天街の盛り上がりはすごかったですね。蒼天街はBGMも凄く好みでしたし、復興後にサウナができたのもサウナーとして嬉しいですし、クエストとかの雰囲気がどれもあったかくて好きでしたね。Feteは結局またFATEじゃん…とげんなりしましたが。

パッチ6.1でイシュガルドハウジングが開放となることは決定しているので楽しみです。Lサイズのハウスが買えると良いなぁ。

終わりに

FF14の漆黒のヴィランズ(SHADOWBRINGERS)を改めて振り返ってみて、感想をつらつら書きなぐってみたらだいぶ長い記事となってしまいました。

ナギ節と揶揄されているものの、今でも自分はFF14を楽しくプレイできています。

始めた時期がほぼ一緒なので、おかずクラブのゆいPさんのYoutube配信をずっと見ているのですが、すごく楽しそうにプレイしているのが印象的でした。芸人なのでトークも面白くて。ストーリーを別の視点で追体験できたのも良かったです。こういう色々な楽しみ方ができるのもFF14の魅力ですね。

6.0の暁月のフィナーレ(ENDWALKER)も楽しみです。メインストーリーもだし、新職、新種族、零式、無人島とかもすごくワクワクしています!